心と膵臓

膵臓はインシュリンを作り、体内の血糖値を安定させる役割があります。消化に関わる重要な器官と言えるでしょう。

膵臓で起こるトラブルのひとつとして、低血糖症が挙げられます。スピリチュアルコーチングにおいては、「人生を甘美なものとして感じられない」という人に発生する症状と考えられています。

甘い食べ物は、優しさや愛情、ごほうびなどのシンボルです。現代社会においては、それらの「甘いもの」が欠如していると言われています。

多くの人が自分の中ではなく外部に幸福を求めており、甘いものを摂取することで幸福になろうとするのです。低血糖症の人は、同時に過敏症であることも多いと言われています。自分が甘さ(幸福)を感じられないため、満たされない・生きる上で苦しみを感じている状態が続いているのです。

期待が満たされていないために、他人を激しく憎むこともあるそうです。低血糖症の人は、甘い食べ物(幸福)を受け入れ、適応することを意識しましょう。

自分に起こっていることは、意識の有無は関係なく自分が選んで引き寄せているのです。今あるものをどう感じるかも、全て自分次第と言えます。

また、自分の評価を他人に愛されることで測っていないかも考えましょう。甘い食べ物である幸福を他人に求めるのではなく、自分で自分を愛することが最も大切です。何かしら身に覚えがある場合には、今後の考え方を変えていくように意識していきましょう。

自分で上手くコントロールができない場合、糖尿病にかかってしまうこともあるそうです。膵臓にトラブルが発生したときには、もちろん医学的な治療を行うことは前提ですし、全ての症例が当てはまるわけではありません。医療機関で治療をした上で、自分の心も原因のひとつとして意識しても良いかもしれません。

これぞ現代の魔法★ワンランク上のスピリチュアルコーチングのトップへ戻る