ネガティブからの脱却

抑圧するネガティブマインドから脱却した後のことをイメージしてみましょう。

ネガティブから脱却することで、好きなように自由に自分を表現し、そして表現している行為すら、あまり考えずに行動するようになるでしょう。

そうすると、自分のまわりの人も皆、素晴らしい存在に見えてきます。

それは、自分というものを我慢したり抑圧していない時、我々は自分を受け入れ一切、自己否定していない状態とも言えるため、 その自由な素晴らしい世界が、現実に投影されるのです。

こう述べると、すべての人に対して優しく接し受け入れられるようになることだと勘違いをされると思いますが、そういうことではありません。

「変な人だ」「ちょっと嫌なヤツだ」と感じる時はもちろんあります。

 しかし、ただそれだけのことです。

その人に、それ以上の感情は持たなくなります。

マインドが持つセルフイメージが苦手な人を引き寄せ、自分自身がその人に異様に反応している間は、ずっと嫌で仕方ありません。

一方高い精神性で生きていけるようになっても、苦手な人や不愉快な人には出会いますが、数時間後か数分後には忘れてしまうのです。

それはちょうど、ジメジメとした梅雨空の日よりも、カラッと晴れわたった青空のほうが、なんだか気分が晴れやかになるので、雨よりは晴れていてほしいかな、と感じるのと似ています。

陰気臭く嫌味っぽい人に出会った日より、明るく楽しい人に出会った日のほうがこちらまで楽しく良い気分になりますね。

だから「その程度の嫌なタイプにはもちろん出会いますよ」ということです。

スピリチュアルの視点にあっても、決して世の中すべての人を受け入れられる人間になることが終着点だと勘違しないでください。

これぞ現代の魔法★ワンランク上のスピリチュアルコーチングのトップへ戻る