思想を意識化する

スピリチュアルコーチングにおいて、自分自身をつくるものは、「自分の考えること」と言われています。

自分自身について考えることはもちろん、他人について考えたことも現実になります。人は、自分の意思に関わらず、自身のフィルターを通して世界を眺めています。つまり、他人について考えるということは、自分自身について考えていることの投影という考え方です。

多くの場合には、人生の重要な位置を占めている人に両親が挙げられます。小さな頃からさまざまなことを教えられ、自分なりの思想のようなものがあるはずです。両親に対する気持ちを人に言うことはあまりないでしょう。考えの内のいくつかは誰かに話すこともあるかもしれませんが、そのほとんどは自分自身の内に眠っています。

しかし、言葉の有無に関わらず、自分が両親について考えたことはすべて、自分の人生で形を取っています。人は、考えることによって現実を創造するとされているからです。

また、人の心には、「自覚されていない」考えがひしめきあっています。例えば、自分が不安を掻き立てられるような映画を観ているとします。しかし、自分が映画を観ている時には不安が湧き起こっている自覚はなく、「なんとなく嫌な感じがする」という気分だけが残ります。

この嫌な感じ・不安感は、自ら進んで触れようとは思わないはずです。この不安の原因は、幼い頃に経験した不安を思い出させるようなシーンがあったからという場合が多いそうです。これらのマイナスの気持ちは、無意識化に属しているものであり、無意識化の領域は広大です。

自分自身を理解するということは、この無意識の部分を出来る限り意識化しなくてはなりません。意識をすることで、今の現実とは違った現実を作り出す力につながっていきます。

これぞ現代の魔法★ワンランク上のスピリチュアルコーチングのトップへ戻る